秋季新人東北大会の2回戦は共に1回戦を勝ち上がった藤崎桜城シニア(青森)さんとの対戦となりました。なかなか情報が取り切れず指導者も手探りの試合運びとなりました。先発の宇佐見蓮斗君から豊嶋海璃君、武藤佳己君への継投となり、2本塁打を浴びるなどの5失点、かなり強打のチームでした。再三のチャンスがあったものの、あと1本が出ず得点につながりませんでした。しかし、5回裏、宇佐見蓮斗君のヒットと送りバントで1アウト2塁、ここで一矢報いたい、主将胡口輝光君が意地の三塁打を放すと代打の山本世波君が本塁打(アラカルト②を見て下さい)を放し一挙3点、6回も同点のチャンスはあったものの追撃もここまで、5対3で敗退となりました。しかし、子供達は「東北大会」で勝ち上がる事の難しさを感じ取った事と思います。今回の悔しさを来年の春季東北、そして選手権東北大会で晴らしてもらいたいと思います。皆さんからの沢山の応援、本当に有難う御座いました。心より感謝申し上げます。
第42回秋季新人東北大会 2回戦
第42回秋季新人東北大会 2回戦
ページ最上部へ戻る